株式会社リックコーポレーション
ホーム採用情報>社員メッセージ

北村

私が入社して、半年が経ちました。この半年で私が大切に感じたことは、「挨拶」です。挨拶はお客様と接する時や従業員とコミュニケーションを取る上で必ず必要になります。今治店に配属されて初めの頃は、店の入口前で箒と塵取りで「いらっしゃいませ」と挨拶をしながら掃除をしていました。それを繰り返して行くとお客様から声を掛けてもらうことが多くなり商品の場所を聞かれたり会話することもありました。挨拶はただ言うだけでなく本当にお客様を迎えるような挨拶をするとお客様も応えてくれるということです。これからもお客様に「こんにちは」と返してもらえるような挨拶をしていきます。入社してから楽しく感じたことは、売場を作ることでした。売場を作って出来上がり商品の位置が動いていたりするとお客様が商品を手に取って見てくれていると感じたときは嬉しかったですが、商品が売れていないと意味がないとも思いました。いろいろなことにチャレンジしお客様の目を惹いて売れるような売場を作っていきます。



山口

私は今園芸を担当しております。 発注・品出し・売場作り等、外売場で汗を流しながら楽しく働いております。そして入社して三年が経ち、最近では担当部門だけでなく、店全体の事を任せられるようになりました。その中で大変な事だったと気づいた事があります。それは人を「注意・指導する」という事です。今までは「注意・指導される」側でした。しかし小さい店舗ほど自分が「注意・指導する」場合があります。この為には普段から意識を変え、周りを良くみて変化に気づき、相手に理解・納得がいく「注意・指導する」事が必要です。それが大変な事だと改めて気づきました。
私がこの仕事で原動力となっているのは、お客様の声です。もちろん良い声、悪い声いろいろあります。お客様をご案内した時など様々な「ありがとう」を聞くことが出来ます。それが私のやりがいです。
今後の目標としては、普段から感謝の気持ちを伝えられる人になる事です。お客様はもちろん、一緒に働いている従業員にも「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていきます。





 入社から4年目を迎え、出来ることが増えるとともに、やってみたいことも増えてきました。
入社初年度より担当している園芸部門では季節による売り場変更を行い、お客様がいま必要としているものを前面に展開していきます。前年までの売場構成を参考にしながらも、また新しいことに挑戦した売場づくりは楽しくもあり、また本当にお客様の需要をとらえ切れているのかと不安になることもあります。 けれども、苦労して作り上げた売場の商品が売れていくのを見ていると嬉しく、次の売場づくりへのモチベーションにつながります。
  園芸という分野は奥が深く、お客様から寄せられる疑問・質問に答えられるように、日々勉強をしなければなりません。まだまだ私の知識は未熟であり、逆にお客様から教えて頂くこともたくさんあります。これからも知識の習得に励み、お客様の毎日が花や緑であふれるような生活の手助けとなることがこれからの私の目標です。



鍵山

仕事の内容と大変な事
 私は、現在農家の店実のりを担当しています。
主な仕事は、接客・商品や売場の管理・売場作成・帳票類の処理・実のり従業員の管理となります。
仕事において大変なのはやはり「人」とのコミュニケーションです。
お客様は勿論、お取引先様や従業員といった、様々な人と関わりながら仕事を進めていかなければなりません。
お客様との接客が十分でなくお叱りを受けたり、従業員からの不満が発生したり、様々な失敗をしてきたために、
特にコミュニケーションに気を付けています。

仕事のやりがいとこれからの目標
 お客様にご来店していただける喜び、商品をご購入いただける喜び等、日々さまざまな喜びがあります。
ただ、なんといっても売上高・利益高が前年比・予算比ともに達成したときは仕事をやっていてよかったと感じます。
さらに数値を上げるためにも、人とのコミュニケーションには気を付け、実のり伊予三島店のファンを増やしていきます。
これからも農家の店実のりが飛躍できるように、明るく元気なお店にします。